愛車に傷がついた時の対処法
愛車に傷がついた時の対処法

バイクに乗ることには興味があったのですが / 47歳 男性

バイクに乗ることには興味があったのですが、実はメカの方にはあまり関心が向きませんでした。
むしろメンテナンスなど面倒だと感じるほどだったのです。
本当のバイク好きな人から見れば完全に邪道というか外道です。
それは認めざるを得ません。
なので愛車に傷が付いたときなどは、気が向けばタッチペイント等で修理していましたが、新車と呼ぶには時間が経ち過ぎたときなどけっこうそのままにしておくことも多かったのです。
それじゃあサビが出ると言われ、フィルム状のシートで傷を塞いでいたときもありました。
あまり見栄えも気にならなかったのです。

故障等トラブルがあったときには迷わずショップへ直行、懇意にしているメカニックに全てをお任せしていました。
バイクの構造は学校の技術の時間に習った程度の知識しかなく、四輪ほどではないのですが最近の複雑なエンジン構造にとても太刀打ちできるものではありません。専門家が首をひねってシステムパック総取り替えの時代に、素人が手を出すにはあまりにも危険なエリアだと判断した結果だったのです。

■注目の情報