愛車に傷がついた時の対処法
愛車に傷がついた時の対処法

バイクの免許を取って以来 / 43歳 女性

バイクの免許を取って以来、初心者ながら、一度もどこかに愛車をぶつけたりしたことがないのが自慢でした。
けれど、あるとき、出がけに気になる電話を受け取り、そのことを考えながら走っていたようで、気が付いたら、前から来た大きな車をよけようと左に寄りすぎ、電柱にぶつかってしまいました。

ぶつかってしまった勢いで停まるほどではなく、側面をズズズーっと擦ってしまったのですが、明らかに電柱の黒い色がついて、塗料が剥げてしまっています。これは修理しないことには、恥ずかしくて乗れないとはっきりわかるほどの傷でした。

けれど、それまで一度も何かにぶつけて傷をつけたことなどなかったので、正直言って頭の中は真っ白になりました。
自分ではどうしていいかわからず、とにかく用事を済ませて家に帰り、家族にこんなことがあったと報告すると、涙が出てきました。

家族は、保険に入っているのだから大丈夫だと慰めてくれ、手続きをしてくれました。
故障まではいかなかったものの、傷がついただけでこんなにもショックを受けるものかと、自分でもびっくりした体験となったのでした。

■注目の情報