愛車に傷がついた時の対処法
愛車に傷がついた時の対処法

愛車に傷を作ってしまった時は / 55歳 男性

愛車に傷を作ってしまった時は、とりあえず自分で対処してみようと、タッチペンやスプレー塗料を買って来ました。
凹みにはパテを貼り、サンドペーパーで削って、愛車の元の形に近いように作りました。
最後は塗料の型番と愛車のカラーを確認したスプレーなどを買ったものを吹きつけ、乾いたら完成です。

ところがアマチュアの自分がやったのでは、明らかに凹凸や色の違いが出てしまいました。
新車で買った時と愛車のカラーが多少は変色してしまっているからみたいです。

2度目に軽くぶつけてしまった時は、前回の失敗を考慮して、コンパウンドで全体の塗装を薄く広げながら、擦ってしまったところを、隠すようにしました。

その時は、色の違いは感じられず、俺にとっては成功したと思っていましたが、長年、愛車に乗っていると、薄くサビが出たり、やっぱり板金塗装工場にお願いするのが一番だと改めて、思い知らされました。

故障も今までに何度か経験していますが、ヒューズが切れていたのも、自分では気づかず、整備工場のありがたさに感服されました。

■注目の情報